あま市 税理士

毎月、経費の調整で税理士報酬を支払ってます

税理士を使うようになって、毎月税理士報酬を2万円支払っています。大した利益もないので、自分ひとりでやっていくことも出来るのですが、税金に関しては全くの無知なので、安心を買ってる感覚で税理士にお願いをしています。

実際には格安でやってもらっているので文句は言えませんが、売り上げが少ない月が続くと「少し高いな」と思う時期もありました。しかし、税理士の先生が教えてくれる節税による利益を考えると、毎月2万円以上は節税が出来ている事に気づきました。

実際に税理士の先生にお願いしなかった場合、全てを自分でやらなければいけません。毎月、領収書をしっかりチェックして大事に保管したり、確定申告に時間を割いたり、これだけでも時間がかかってしまうので実際には損をしています。そして、先生が教えてくれる節税を全くしなかった場合の所得税と住民税の額は・・・。年間で計算すると莫大な金額になってしまいます。

毎月の経費の計上の仕方を指導して頂くだけで、月々2万円の元が取れていると思います。税理士さんに支払う報酬は、節税によって十分捻出することが出来ています。

長い目でみれば、どんな事業だって専門家の先生にお任せした方が、結果的に利益が上がるのだと思います。自分のような無知な人間が一人でやってしまうと、国に好きなように税金を持っていかれてしまうだけです。これからも節税することで、税理士報酬をしっかり払っていく予定です。

初めて社長になった時の一番の相談相手は税のエキスパート

始めて社長という肩書きになった時は、嬉しい半面、不安な面もありました。今迄は何気なく仕事をしていたんですが、一緒に働いてくれる仲間の給与をしっかり確保しなければいけないのですから、責任という言葉の重みをより一層知ったのは社長という肩書きになってからです。

まぁ、俗に言う雇われ社長的なポジションでしたので、あまり深く考えることはしないようにしていたんですが、自分に使われるスタッフさんのことだけはしっかり守ろうと決意はありました。

しかし、営業以外のことは全くの無知。仕事のことになると、スタッフさんに熱く語ることもできるのですが、年末調整や保険のことに関しては質問されても、どう答えてあげればよいか本当に分からず困っていました。そんな時に、直接電話で詳しく説明を受けたのが、顧問の税理士さんです。

扶養は何名ですか?子供さんの年齢は?そんな質問を税理士の先生に聞かれたことが沢山ありました。自分と一緒に仕事をしてくれる仲間にも大事な家庭があります。きっと奥さんに、保険はどうなってるの?年末調整はやってもらえるの?などと聞かれたのでしょう。実際に、自分が雇われる側だった時に妻は一番心配していました。「ちゃんとしたところに勤めているのか?」という不安があったのでしょう。立ち上げたばかりの会社なのですから、スタッフさんの奥さんが心配されるのもよく分かります。

先生の助言もあって、なんとかスタッフの納得のいく説明ができましたが、とにかく会社を立ち上げたばかりということもあり、経営はかなり苦しかったです。大きな事業資金融資を受けたわけでもありませんので、資金繰りには苦労しました。自転車操業状態で会社を切り盛りした経験は初めてでしたので、精神的にもかなり追い詰められていたんだと思います。

会社の将来的な不安を会社の仲間に話すことはさすがに出来ません。そんな時に、色々な悩みを聞いてくれたのが税理士の先生でした。本来なら、税について相談するのが税理士の使い方なのでしょうが、会社の資金繰りの苦しさもしっかり見えている税理士の先生だったからこそ、それ以外のことも色々と相談することが出来たのかもしれません。

今では、会社も落ち着きだしましが、未だに税理士の先生には色々と相談をしてしまいます。きっと、気持ちも落ち着くので悪い癖になってしまっているのかもしれません。もちろん、税のことに関しては全てをお任せしています。本当に頼れる存在だと思えます。

儲ける=税金を少なくするが先生のアドバイスでした

「売上が上がれば収入も増える」とい単純すぎる考えで仕事を始めましたが、税理の先生に色々とお話を聞くようになり、考え方が少し変わってきました。節税をすることで儲けることができるということです。

「もちろん、税金は絶対に払わなければいけません。しかし、節税対策をすることで税金は少なくすることができます。」というのが、先生のアドバイスでした。

代表的なものは、妻を役員にして所得税も住民税も節税するという方法でした。法人として経営をすることになった時に、一番効果がある節税方法だと教えて頂きました。

実際に、所得を自分一人で貰うのでなく妻と分散することで、所得税と住民税のどちらもかなり少なくすることが可能になりました。もちろん、全て先生がやってくれたので、自分たちは特に何もやっていません。

実際に、色々と節税の知識があっても、それをしっかり実行に移せるのは税理士の先生のおかげです。どんなに勉強しても、専門家には勝てません。知らずに色々と処理をしていると、かなり損をしていた可能性もあるので、税理士の先生のお話を聞くことで、「本当に税理士を利用して良かった」と思えるようになりました。

今は、自分達が頑張って売上を上げて、税理士の先生が節税対策を講じてくれて利益が上がっています。もし、税理士の先生が居なかったら、売上が上がった分だけ税金を多く納める必要が出てくるので、本当に必要不可欠な存在です。

信用できる税理士を見つけて話がトントン拍子に

自分が色々なことに挑戦してみたいと思い、会社を飛び出した時に最も困ったのが人脈の薄さでした。普段から人付き合いが苦手だったこともあり、一緒に新しいことに挑戦してくれる仲間もいなければ、サポートしてくれる専門家も周囲にいませんでした。

正直、「やってみたい」という気持ちと、根拠のない自信だけで会社を飛び出したことを少し後悔したのを覚えてます。頭の中で構想だけ練っても実際には全く動けない。イライラだけを覚えて誰とも話すことなく引きこもり気味な生活になっていってしまいました。そんなダラダラな生活をしている時に、一人の税理士と知り合う機会がありました。

「もし、事業をされるようでしたら、是非、お声をかけてくださいね」。先生のこの何気ない言葉が、自分の背中を押してくれました。こんな自分でも、「専門家がいてくれればなんとかなるかな?!」と前向きに思えるようになりました。

実際に、次の日には開業に向けて地元の不動産屋に足を運んでいました。なんとか手頃な物件を見つけて、いざ、開業準備も大詰めです。面倒な書類作成は、税理士の先生が紹介してくれた行政書士さんが全てやってくれました。正直、人脈がなく行動力もない自分だけなら、行政書士を見つけるのも一苦労だったでしょう。

無事に開業することになったので、当初からお約束をしていた税理士の先生にお願いすることになりました。事業を始めてもう数年になりますが、税理士の先生のおかげもあって苦手分野は全て人に任せれる状態です。最近では、なにかあった時の為に、弁護士の先生も紹介してもらいました。本当に安心して仕事にだけ打ち込める状態です。

背中を押してくれたのは税理士の先生の何気ない言葉、開業するための書類作成も税理士の先生が行政書士を紹介してくれたおかげ、これから先も安心して仕事ができるのも税理士の先生が紹介してくれた弁護士さんのおかげ。

人脈のない自分でもここまで頑張ってこれたのは、信用できる税理士の先生に、他士業の先生方を紹介してもらえたおかげです。

税について不安を持っている個人事業主の一番のパートナーです

税理士の方がついていてくれるので、自信を持って仕事だけを頑張れます。税について無知な自分には一生涯欠かせないパートナーです。本当に感謝しています。

個人で仕事をしようと考えた時に一番困ったことが税金についてです。仕事に関しては、自分一人で何とかやっていけます。経理担当者を一名確保したいと思いましたが、売上を考えるとさすがに雇う余裕なんてありません。結局、不慣れでも自分でやっていくことにしました。しかしながら、どうしても知識が無いと処理出来ないのが、確定申告などの税に関することです。

当時の自分は、「確定申告ってどうするの?」「税金はどれくらいとられるの?」「払わなかった場合はどうなるの?」なんて疑問だらけでした。そんな時に、教えてもらったのが税理士さんというものでした。

最初は、税理士を使うだけで費用がかかるので少し不安はありましたが、自分も含め知り合いで税金について詳しい人間がいなかったので、お願いすることにしました。

実際にお願いをしてみると、先生も気さくな方で色々なことを教えてくれます。もちろん、経費などの計上の仕方なども簡単ですが指導してくれましたので、苦手な経費の仕事も楽しみながらやっていくことができるようになりました。

今ではすっかり、仕事にだけ集中できる環境作りに、税理士の先生の存在は欠かないと実感するようになりました。個人事業と言っても、周囲の人間の助けがあって始めて成り立つんだと勉強させてもらいました。仕事面で難しい時は、外注などの方法で他の人の助けを借り、経理が大変な時は妻が助けてくれます。そして、税に関しては100%税理士の先生にお願いしています。

開業当時から毎月面倒をみてくれる税理士さんは、自分にとって一番のパートナーです。これからも、どうぞ、宜しくお願いいたします。

税理士の先生に聞いて良かった、消費税の仕組み

自分が事業を始めた時は、グループのオーナーさんが全面的に面倒を見てくれたので、経営(経理・税務)に関しては全くの無知でした。もちろん、税理士さんはオーナーさんが紹介してくれた先生にそのままお願いすることになっていましたので、本当に全てを任せっきり状態。

最初に開業する時は、名前をのれん分けしてもらって会社としてやっていくのかと思っていたんですが、実際には個人事業主という形でスタートすることになりました。「なぜ?」と思うところがあったので、失礼かと思いながらもオーナーに質問してみると税理士の先生も交えて話し合いの場を持つとのこと。後日、税理士の先生とオーナーと三人で話をすることになりました。

税理士の先生に色々お話を聞いたところ、個人事業のメリットと株式会社のメリットを色々と教えてもらいました。個人事業の場合は個人の所得(給与)を自由に設定することができること、人件費も個人なら外注という形をフルに使って最低限に抑えることができることなどが、メリットということでした。

そして、消費税の納税を最大で2年間免除してもらえるのも個人事業で始める際のメリットとのことでした。株式にしてしまった場合は、半年後には消費税を納税しなければいけなくなります。「2年間は個人経営でやっていき、その後に会社にすれば最大で二年半」は消費税を払わなくて大丈夫とのことでした。

開業したばかりの売上が少ない状態での消費税5%はかなり苦しい税率です。もちろん、お客様から消費税を取ることもできるのですが、その分、商品の単価を下げなければなりませんので利益は当然下がります。消費税の猶予期間として二年半の期間があるのは自分にとっても本当に助かります。

税理士さんの助言で個人経営でスタートすることになったのですが、オーナー自身この話を知っていたなら自分も開業時は個人経営でスタートしたかったと笑って話をしていました。もちろん、会社にすることで大きなメリットもありますが、事業資金もさほど必要ない場合などなら個人でスタートするのも悪くないかもしれません。消費税の支払いも一定期間免除してもらえますので。

自分が事業を初めて3年目になりました。今年から会社になって営業していきますので、消費税の納税は必需になってきます。少し残念な気持ちですが、仕方ありません。税理士の先生のおかげで2年間は免除してもらったのですから。

確定申告、住民税、難しいことは全部お願いしてます

会社を辞めたことで、社会保険から国民健康保険に保険証も変わり、住民税も自分で支払うようになりました。誰からか聞いていたのでなんとなく知っていたのですが、「今年の税金は前年度の収入によって決まります」と役所の人に言われて、予想以上に高い国民健康保険、住民税を支払うことになってしまいました。税金のことをもって勉強しておけば良かったと本当に思いました。

これから先は個人事業でやっていく予定だったので、できる限り税金は少なくしたいと考えていました。払わなくてよいお金を役所に余計に払ってしまう話や、確定申告が面倒だという話も以前に聞いたことがありました。

自分は、個人事業主で色々頑張ってみたいという気持ちはあるのですが、お金の管理は恥ずかしいくらい下手です。面倒なことも嫌いで、確定申告や住民税、国民健康保険などのことも気にはするんですが、なかなか勉強する気になれません。「会社がやってくれること」という発想しかなかったのが原因なのでしょう。

「自分で働きだしたら確定申告はどうしたらいいのだろう?」「いくらの収入なら住民税はいくらになるのだろう?」「どうしたら税金を取られ過ぎないんだろう?」そんな疑問や不安を抱えているときに、税理士のことを耳にしました。

最初は、それなりに稼いでいる個人事業主でないと税理士を雇う余裕はないと思っていました。しかし、自分が紹介してもらった税理士さんはかなり良心的な料金でやってくれるとことだったので、これなら何とか支払えるかなと思い、試しにお願いしてみることにしました。

毎月の経費の算出の仕方、どうすれば利益を上げながら税金を少なくすることができるか、ということも税理士の先生に教わることが出来ましたので、面倒な確定申告だけでなく色々と助けてもらっている感じです。

もちろん、確定申告もお願いしていますので、住民税の支払いも安心してやっていけます。

月々3万円からお願いできる税務処理

会社勤めの時から、税金の仕組みや納税方法とかも全く興味がありませんでした。ただ毎月の給料から税金を引かれて、年末調整でいくらか戻ってくるという安易な考え方。給料から税金を引いてもらい、年末に事務員さんから書類をもらって提出するだけなので、黙っていても誰かが税金に関しては処理してくれるというスタンスでした。

その後、会社を退社して自分で仕事を行うようになりました。個人事業主として収入を得るようになってもう5年目になります。最近では、税金の事もしっかり考えながら儲けも考えるようになりましたが、最初の1年目は悲惨なものでした。「経費や売上の計算して少しは儲かってるのかな?」と思っていても、税金を納めると手元に残るお金はわずか。「税金の事を勉強しておけばよかった」と本当に後悔しました。

面倒な税金に関する計算をして、仕事の時間は減る一方。税務処理に費やす時間は、決して収入にはなりません。「大事な時間を使わされて、更に国にお金を取られる」とネガティブな考えばかりしていました。本当に大変な思いをしたので、2年目から早々に税理士の先生を頼ることになりました。

もちろん、税理士に知り合いは全くいませんでしたので、友人の知っている税理士を紹介してもらうことにしました。数名紹介してもらったんですが、最終的にはA先生という方にお願いすることにしました。税理士報酬の低さと、気さくな人柄が決め手です。

会社を辞めたい一心とその場の勢いだけでなった個人事業主なので、周囲の人のように将来的なビジョンも知識も全くのゼロ。「それなりに売上があるのに、手元に残らない」と税理士の先生に相談をすると、経費として計上できるものを実費で支払ってる為にかなり損をしているかもしれないとの指摘を受けました。なんでも、個人事業主にありがちなことで、プライベートと仕事用の財布をしっかり分けてない方が多いとのこと。自分も当時、指摘された時は財布を一緒にしてしまっていました。

先生に初歩的なことから教えてもらいながら、経費として購入出来そうなものは事業用の財布から出すようにしました。領収書を大事に取り扱うようになったのもこの時期からです。「これはどう処理したら良いんだろう?」と思うことは未だにありますが、税理士の先生が電話でしっかりと対応してくれるので安心です。もちろん、やり過ぎて「経費では落とせませんよ」と注意されることもありますが、、、。

自分は、税理士報酬として毎月3万円支払っていますが、計算の苦手な自分にとっては本当に有難い存在です。税務処理だけでなく、色々と勉強もさせてもらえるのですから。最近、知人と税理士に払っているお金について話たのですが、毎月3万円と話したところ驚いていました。無知なので他の方がどれくらい払っているかの相場を知りませんが、安い方とのこと。本当に嬉しい限りです。

経理関係のことは税理士の先生の助けもあり、最近ではだいぶ分かってきました。もちろん、税金に関しては税理士の先生が全て対応してくれてますので、決算時期や年末も慌ただしくなることはありません。更新などの手続きで役所などに足を運ぶ際も、堂々と行けます(笑)自分のペースで仕事に集中できるのは税理士の先生のおかげです。

税理士の先生と話す時がグループ代表の懇親会になってます

5年前に小さな事業を友人二人と自分の合わせて三人で始めました。最初の一年は、全く利益が出せず生活するのが精一杯だったのですが、二年目からは段々と売上も上がり、三年目は一気に事業を拡大することになりました。

もともと、東京で始めたんですが、起業当時から目標にしていた『福岡』と『横浜』に新たに事務所を設けることを決意。新しい事務所をオープンさせることになり、今まで一緒にやってきた仲間とも離れて仕事をすることになりました。

一人は東京の事務所に残り、もう一人は当初から希望していた福岡の事務所に移動、自分は横浜の事務所に移動することに。もちろん、それぞれ別の会社になるんですが、同じグループの仲間です。

税理士の先生は、一年目から色々とお世話になっていましたので、全ての事務所の税理士として引き続きお願いすることになりました。福岡はさすがに遠いので、断られるかもしれないと思いましたが、こころよく引き受けて頂きました。社交性に乏しい三人の集まりなので、まとめて面倒を見てくれた先生には本当に感謝しています。

毎月、決められた書類を提出しておけば税金については全て処理をしてくれるので、わざわざ税理士の先生のところに足を運ぶ必要はないのですが、三人全員が集まる機会も滅多にないため、近況報告も含め毎年8月に税理士の先生のところに伺ってお話を聞くことにしました。

もちろん、税理士の先生との話といっても簡単な勉強会みたいなものです。「こういうケースは、こうした方が良いです」、「ここはこういう感じで処理をしています」みたいな感じです。最初の一時間は真面目な話をしていますが、段々と話が脱線して最終的には、税理士の先生も含め4人で単なる雑談になってしまいます。

そして、税理士の先生の事務所を後にしたら、夕方から翌朝まで三人で飲み明かします。昔話や土産話、将来の話、とにかく朝まで話が尽きることはありません。それぞれ違った土地で働いていても、仲間意識をしっかり持ち続けていけるのは、この日のおかげだと思います。もちろん、毎日メールなどでのやり取りはありますが、実際に顔を合わせるのはこの日だけです。

今年からは個人事業主ではなく、福岡も横浜も会社として新たにスタートします。もちろん、税理士の先生には引き続き面倒を見てもらう予定です。税金に関して全くの無知な私たちの強い味方になってくれて、仲間とのパイプ役にもなってくれている先生に出会えたことは、本当にラッキーだったと思います。

これって経費?迷った時はいつも先生に聞いてます

個人で仕事をすることになってからいつも悩むのが、厚生費と交際費です。正直、すべての出費を経費として計上できれば嬉しいのですが、そんな恐ろしいことはさすがに出来ません。無理に経費として計上して、確定申告後に指摘されてしまったら修正申告するハメになりますので。

福利厚生費は法人しか利用できなくて、個人事業主は交際費のみとなると思っていたんですが、自分のお世話になっている先生の話ではそうではないそうです。しっかりとした理屈があれば個人事業主が福利厚生費を計上することも出来ると説明を受けました。ただ、個人が確定申告を行った場合、認められないケースが殆どとのことでした。

交際費なら、それなりに計上しやすいと言われましたが基準が未だに分かりません。あまり経費が増えすぎると、税務調査で問題なると聞いたことがありますので、控えめにした方がよいのでしょうが、出来る限りは経費として落としたいとは思っています。

「これは交際費で大丈夫なのかな?」「厚生費にならないのかな?」そんなふうに悩んだ時は、いつも先生に相談をするようにしています。「大丈夫ですよ、こちらで処理しておきます」と言われるときもあれば、「それはちょっと難しいですよ」と言われることもあります。正直、自分ではそのラインが全く分かりません。先生だけが知っていることなのでしょう。

いつも悩む厚生費と交際費は、税理士の先生に聞くようにしています。おかげで、今まで税務調査の際に、否認されて追加徴収をされたこともありません。これからも、経費に関しては、損をしないためにも先生に色々と相談しようと思います。

本当に自分の苦手分野をしっかりフォローしてくれるので感謝しています。

サイトマップ